蕎麦 みわ(井草)

昼食は蕎麦 みわに行って来た.ここは最近蕎麦に凝っている「べっしゃん」の別府氏に教えてもらった店で,話を聞く限りではどうも大塚屋からお酒を仕入れている雰囲気である.西武新宿線井荻駅の北側のこの店に自転車で到着したのは14:00ぐらい.門構えも内装も明るく落ち着いた雰囲気でなかなかよい.
まずおつまみ三点盛(浅葱,鴨薫製,山ウド)と春の山菜天ぷらと神亀 純米酒の熱燗を頼む.お通しはふき味噌で,本当はメニューを見る限りではおつまみ三点盛にもふき味噌が入っていたのだが,重なっていたので変えてくれたらしい.山菜天ぷらは塩とだし汁で頂くが,なかなか美味しい.メニューを見る限りではおつまみ系は結構あり,たとえば山菜系以外にも鴨系の料理(例えば治部煮もある)や穴子の天ぷらもあるので,なかなかいいではないか.またお酒をお燗してもらう時も,「ぬるめにしますか?それとも熱めにしますか?」と聞いてくれる.
残念ながらここは昼は14:30終了なので,その後幸運にも残っていた田舎せいろ(手碾き)と鷹勇 純米酒の熱燗を頼む.田舎はきしめんのような非常に太めの麺で腰があり,かめばかむほど蕎麦の味がするタイプ.蕎麦湯はかなり白濁した(たぶん蕎麦粉を追加している)タイプ.この味では,普通のせいろも期待大.なお,ここは本田あつみ氏の器を使っているのだが,蕎麦湯が入れてある容器がものすごい斬新な形をしていて少しびっくりした.まな板皿は味があるけど普通のタイプなんだけど(追記:どうもこちらは陶芸家・橋本和子氏の作品らしい).結局田舎蕎麦を食べるのに時間がかかってしまい,かなり営業時間をオーバーしたと思われるが,一言も文句を言われず.また私がまだ残っていたので,他の人も一人入ってきたが,ちゃんと受け入れていた.味も雰囲気も酒もサービスもいい店だと思う.