某輪読会

T工大で輪読会.
まず最初にM田准教授に,「私のワークショップを滑り止めにして頂いてありがとうございました」とお礼を言われる(爆)いや,ある国際会議に投稿した時に,落ちた場合にワークショップの査読に自動的に転送されるオプションがあったので申し込んでいたのだが,それはやっぱりワークショップ側からも見えているらしい.今回の会場は田舎のようだけど,M田准教授などの知り合いと一緒に楽しく過ごせそうだ.
他の人の発表を見ていて素晴らしいと思ったのは,ちゃんと書籍の図を取り込んでわかりやすいプレゼン資料を作っていることと,ちゃんと練習問題も解いていること.大学の先生達の教育に関する底力を見た気がする.
なお,W田准教授はMacBook AiriPadを持ち込んでいて,今回はすべてiPadで読んでいる(今回の書籍の草稿が公開されている)らしい.
肝心の書籍はすごく良いのだが,その感想は本家の方に書くことにする.